アンチエイジングに欠かせない美容液をランキングで調べて使おう

婦人

ビタミンcの配合の仕方

コスメ

なぜ誘導体なのでしょうか

ビタミンc誘導体という美容成分をご存知の方も多いでしょう。美白はいうにおよばず、肌のきめを整えたり、アンチエイジングにも効果がある成分として知られています。しかしなぜビタミンcではなく、ビタミンc誘導体という形を取っているのでしょうか。それは、ビタミンcは成分としては安定せず、そのまま塗るとすぐ酸化してしまうので、肌の中でビタミンcとなる誘導体にする必要があるのです。ビタミンc誘導体には3つの種類があります。まず水溶性で、化粧水や美容液、クリームなどに配合されています。それから油溶性のものがあり、これはクリームなどに配合されています。そして両親媒性という、水溶性、油溶性どちらの性質をも持ち合わせた、APPSという成分もあります。

使う時に気をつけたいこと

ところでこのビタミンc誘導体ですが、使う上で注意したいこともあります。特に化粧水に含まれる水溶性のビタミンc誘導体は、濃度が高いほど刺激が強くなるので、肌の弱い人は注意するようにしましょう。化粧水を購入する前に、パッチテストをするのもお勧めです。また油溶性のものは、水溶性に比べると即効性にやや欠けることがあります。それからビタミンc誘導体は、保湿効果がありません。ですから化粧水を沢山使っていても、美白や肌のきめなどには効果がありますが、肌が乾燥しやすい人は、逆に乾燥がひどくなってしまうこともあります。ですからビタミンc誘導体入りの化粧水を使う場合は、美容液やクリームなどに保湿効果の高い物を使うようにして、バランスを取るようにしましょう。